インスタ映えスポットで実感するSNSの宣伝効果

インスタ映え。この言葉が浸透するようになってしばらく経つと思うのですが、その宣伝効果を実感することがありました。

先日、打ち合わせで車を走らせていたところ、京都の紅葉の穴場的スポットの「岩戸落葉神社」の近くを通ったので立ち寄ってみました。

「岩戸落葉神社」は以前から紅葉の時期にインスタでたまに見かけては「京都にもこんなところあるんだなあ。いつか行ってみよう。」と思っていたスポットなのです。
かなり穴場スポットらしく人もあまりいないと聞いていたので・・・

でも、実際に訪れた「岩戸落葉神社」はそう穴場でもありませんでした。
平日、しかも午前9時前という時間帯にも関わらず、それなりの人がいたのです。
そしてその多くの人は明らかにインスタ映えを狙って撮影に来たと思われる方々。
インスタスポットおそるべし・・・(笑)

この時に感じたのはSNSの宣伝効果ってスゴいんだなということです。
「岩戸落葉神社」自体はインスタなどのSNSで発信されているわけではないのですが、誰かが印象的な画像をアップすると、そこに行ってみようかなと思っちゃいますよね。
それがダルマ式に増えて、いつしか穴場が穴場でなくなってしまう。

失礼ながら「岩戸落葉神社」はかなり小ぢんまりしている、どこにでもある地元の人に愛されていそうな神社であって、観光客が訪れるスポットではないような気がします。
それがインスタ映えでこうやって多くの人が集まるようになるとは。SNSの宣伝効果はスゴい。改めて実感しました。

このSNSの宣伝効果をなんとか自分の力に出来ないかな。
せっかくこうやって自分のサイトを立ち上げ、専用のTwitterやらインスタも作ったからには有効活用したいのです。
私の今までの仕事内容にはあまりダイレクトなマーケティングなどは関係してこなかったのですが、フリーランスとなり活動するからには、そういった知識も必要になりますよね。
SNSの効果的な運用を学ばなければ。そう思わせてくれた出来事でした。

PAGE TOP