モーニングルーティンの大切さ

モーニングルーティンとは、朝に決まってすること、習慣のことを言います。
私の場合は、早朝ウォーク。

始まりはフリーランスになったことから。
会社勤めしていた頃は車通勤をしており、その時間帯にその日に何をするか考える時間がありました。
でも、フリーランスになって在宅ワークを選択してからは通勤時間というものがありません。
朝起きてすぐに作業することは出来ますが、何か明確な気持ちの切り替えになる時間が欲しい。
そう思って早朝ウォークを始めました。

近所を約1時間ほどウォークするのですが、主に考えていることはその日のスケジュールの段取りです。
もちろんそれぞれの案件の納期と大まかなスケージュールは先に立てていますが、進行度合いを頭の中で確認しながら最低でもその日に進めておかなければならない内容を整理してTo doリストを作成。
帰宅したらその内容をチェックリストに書き出してから作業にかかっています。

また、この他にも運営しているブログの更新内容を考えたり、インスタやTwitterなどのSNSのネタ探しをすることも。
例えば、今日はこんなことを呟きました。

朝焼けが綺麗だったので投稿しようと思ったら電線が邪魔に感じたのです。
こんなの地中に埋めてしまえばいいのに・・・などと思っていましたが、もし地中に埋めてしまったらネット回線などを引くための工事費用などは莫大に上がるんじゃないのか。
そもそも地中に埋めるために莫大な費用がかかるのに、得られる効果は景観の改善だけなのか。
などと仕事に全く関係ないことを考えながらウォークしていました(笑)

ただ、そんなこともSNSのネタにはなるし、無駄に思える考えも何かのアイデアのきっかけになるかも知れません。
私にとっての早朝ウォークは「気付きの時間」でもあるのです。

このようにフリーランスになってから、よりモーニングルーティンの大切さに気付きました。
段々と寒くなって早朝ウォークも辛くなってくる頃ですが、これからも続けようと思っています。

PAGE TOP